乗っCIAO! 2018年まとめ・機材編

Pocket

2018年も今日で終わり。
今年も色々買いました。まさかS-WORKSターマックフレームを2本も買うとは思わへんかったけど!
それでは2018年のまとめ・機材編始めます。




まずはやはり大物から、S-WORKSターマックSL5とSL6ULTRALIGHT!
SL5は事故により短命に終わりましたが、初めてのレーシングフレームで感動したな~。
やっぱりプロ用は一味違う。最近のレーシングフレームは固い一辺倒ではなく、脚に優しく
良く進むのが特徴で、同じ金型のCOMPとは全く別物でした。
良く試乗インプレ記事で、ホイールやらコンポやらの交換で上位機種とほにゃららとか書いてるのをみるけど、
全っ然違います!在庫との兼ね合いになるけど、8月以降になると割引もあるので、思い切って買うのもいいぜ。
私はSL6型のターマックULTRALIGHTを買いました。
いくらS-WORKSでも動力は人力なので、劇的に速くなる事は無い。
けれども、疲れないです。登って下って、平地を飛ばしてると当然へとへとになるけど、すぐに回復します。
エアロも地味に効いている。やっぱり最大の敵は坂道なんかではなく、風なんだなと思う。

次は、1号機ターマックコンプ!
R7000の105でリニューアルしました!
R7000はブレーキが良くなったと思うけど、変速性能は?
ストローク大きく、変速スピードも遅い。ショートケージのRDは30Tまで対応となり、早速アウターで30Tがどこまで使えるか
試してみたけど、疲れてきたらいくら30Tでもアウター縛りはきつかった。
今は3本ローラー仕様になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です