乗っCIAO! TIME newヒルクライムバイク ALPE D’HUEZ

Pocket

TIMEからHUEZの名前を冠するTIME史上最軽量を誇るクライミングバイクが発売されたようです。
その名はALPE D’HUEZ!
ん?HUEZってどこかで見たような?? そうLOOKのスーパークライミングバイク785と同名です!
こまでマジかぶりなのは自信の現れなのか?或いはHUEZが一般的なのかもしれません。

HUEZ (ヒュエズまたはユエ)
フランスの高原リゾートで、ラルプ・デュエズ(L’Alped’Huez)への登坂ルートが所在する町の名前です。
*(EURO SPORTS INTEGRATION CO,. LTD.より)

LOOKとTIMEは元々同じTVT社が分裂して出来た会社なので、同じ様なネーミングも許されるのでしょう。
但しその方向性はかなり違うものみたいです。
LOOKの方は、フレーム重量自体が730g(フォーク280g・Sサイズ)と今風の超軽量バイクに仕上げてきているのに対し、
TIMEの方は840g(Sサイズ)。しかし、剛性やポジションなどTIMEらしさを盛り込んだ仕様になっているらしいです。
単純に軽さのみに捕らわれない実際の乗り味に拘るという、わかる人にはわかるというセッティングなのでしょうか?

TIMEと言えばおぼろげにZXRSというイメージだったのですが、今は販売されていなくてちょっとマークから外れていました。
しかしこのALPE D’HUEZの登場でTIMEの哲学を知り、少しずつ興味が湧いてきています。

現実的にはS-WORKSターマックを選んだので、TIMEに乗る事は無いとは思いますが・・・(値段もお高いですし(笑))
スぺシャが最近始めたすべてのフレームサイズで同じ性能を約束するデザインを先駆けて行っていたのも凄いですね。
(スペシャライズドは剛性は変えているみたいです)
やはりTIMEを乗りこなせるのはやはりかなりの強者ではないでしょうか?。
せめて、ぺダルだけでもタイムを試してみたいと思っている今日この頃です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です