乗っCIAO! TARMAC COMP 再起動!

Pocket

2017 TARMAC COMPはS-WORKS TARMAC SL5 と同じ金型で作られたミドルグレードのカーボンバイクです。
2019モデルはSL6型に変わり、軽量化が図られたようですが、ディスクモデルのカーボングレードは何故か下がっています。
(Fact10→Fact9、リムブレーキ版はFact10)
まぁそんな事よりもこの2017年型のモデルの最大の魅力はサガンカラーと呼ばれる、アルカンシエルカラーです。
ブラック基調なのでそんなにハデハデでも無く、近寄ってみるとラメが煌めくというマニアックな塗装になっています。

こっちはS-WORKSの本物サガンモデルです!↓

このフレームを今年はずっと眠らせたままでしたが、このたび復活させることにしました。
S-WORKSのウルトラライトを乗り回す程、今は自信が持てないので、メインバイクはこいつになりそうです。
一時7.4㎏まで落とし込んだ仕様にしていましたが、シマノプロのアルミハンドル&ステム、オールシマノ製コンポーネント、
アルミのレーゼロコンペティツィオーネで組むことにし、軽量化より変速性能やパワーのかかりを重視した仕様になるはずです。
フレームサイズが56と大きめで、取り回しに苦労したので、ハンドル幅を400mm、ステム長を90mmと一回り小さめにしています。
尚、R7000の入荷が9/中になる為、完成は9/末予定。
それまで、ZWIFTで体力アップして備えよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です