乗っCIAO! うどん県香川へ。讃岐うどんライド!Part3

Pocket

さて、朝一のうどんバカ一代から既に4時間経過。30kmほど走破してちょうどいいタイミングで次のうどん屋、
うどん山もりに到着したんですが、そうなんです。既に写真に写っている通り、開店時間が11:00に変更されていたのです!
M君の事前調査では10:00オープンでした。ここだけが他店と少し離れたところにあり、やり直しはききません。
やってしまったと後悔するM君を慰め、気を取り直して、次の目的地・元祖セルフうどんと呼ばれる竹清に向かいます。
N君は既にハンガーノック?





しかし、負の連鎖はまだ終わらない。竹清到着は10:30過ぎ。開店時間は、ここも11:00!待つか?次に行くか?
うまそうな天ぷらに心惹かれつつ、ハンガーノックの約1名を含め、こっちもかなり腹が減ってきたので、次は確実に開いている
高松駅前の味庄に行くことにします。開いてました!しかも待ち時間なしで入れました。地元民の御用達的な店のようで、
素朴な感じがノスタルジックで良かったです。

ここでも天ぷらが美味しそうだったのですが、竹清までがまんと思って、冷しを注文。一味違う独特の出汁が美味しかった。
さて、11時を回ったのでもう一度竹清へ。到着するとかなりの行列が出来ており、さすが元祖といったところか?

少し待って中に入るとおばちゃんが天ぷらの注文を聞いてくるので、たまご天を注文。ここで名前を伝えます。
すると、天ぷらが揚げあがったら、名前で呼んでくれるのが新鮮でした。
うどん玉のみの丼をもらうと、あとは自分で温めて、かけだしをかけたり、そのまま冷たいかけだしやつゆを使って食べたり
好みに合わせて調理します。ネギ、わかめ、しょうが、天かす、レモンなどトッピングは無料です。

実はここが最後の店と思っていた私は1.5玉を注文。たまご天とのセットで完全に満腹状態になっていました。
仕上げに温泉につかって帰るのみと思っていたら、手打ちうどん麦蔵が残っていました!

お勧めは宮崎地鶏を使ったかしわうどん。てっきり2人前とおもっていたのですが、5個入り(だったような?)
のかしわが1人前としてついてきます。(ごめんなさい、写真は撮り忘れました。上はN君が食べたかけうどんの写真です)
しかも1個づつがめちゃでかい! もはや食べきる自信はなかったのですが、かしわはサクサクで柔らかくて、美味しくて
ペロリといけちゃいました。でももう限界。おそらくかなりのカロリーオーバーでしょう(笑)
こうして、初の四国遠征、讃岐うどんライドは終了です。
後は、14:00発のフェリーで帰るのみ。(M君はそこから自走です。ご苦労様です)
帰りのフェリーも空いていたので、行きと同じ様なポジションで過ごせました。
途中小豆島に寄ってからの神戸行きだったので、少し時間がかかりましたが、逆にゆっくりできました。

次は締めくくり編です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です