乗っCIAO! SWISSSTOP BLACK PRINCE FLASH EVOを試す

Pocket

昨日換装した、SWISSSTOP BLACK PRINCE FLASH EVOを早速試してみました。
気温が下がる16時頃出発し、最近はまっている近場のゲキサカを登っていきます。
一昨日走った時より調子が良かったのですが、後半にかけて急激に失速し苦しいトライになりました。
結果は、何と3度目の同タイム。4回登って3回同タイムです!

でも、今回はブレーキテストが主目的なので、下りがメインです。
少し雨がぱらついてきたので、息を整える間もなく、下っていきます。
初期制動は、残念ながらレイノルズの方が良かったように感じました。
コントロール性も、ロック寸前までコントロール出来たレイノルズに比べ、
前後の効きが違うような感じがして、ちょっと怖かった。制動力自体も劣る気がしました。
メーカーによると、イエローキングに比べてですが、より握る力が必要だとの事でした。
唯一というか、これが最高に欲しかった性能ですが、音鳴りがしないというのが良かった点でした。
しかし、音鳴りの兆候はあり、もっと長い下りでは音鳴りしそうな気もします。
これについては更に試してみる事にします。

しかし、ダウンヒルはパッドでどうこうなるというより、根本的にガンガン下ってテクニックを磨かないと
ダメな気もしますね。

One Reply to “乗っCIAO! SWISSSTOP BLACK PRINCE FLASH EVOを試す”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です