乗っCIAO! 冬のサイクルウェア

Pocket

10/31のブログで冬支度の話を書きましたがその後まだ大丈夫とたかをくくって、先週のアワイチは半袖ジャージー、ビブショーツにアームカバーとニーウォーマー+カステリの薄いジャケットでのぞみました。
後半ふくらはぎのつり対策でカーフコンプレッションを履きましたが、吹き付ける風雨により体温が下がり、体力はかなり消耗しました。
そこで、そろそろ冬物ウェアの出番かなと思った次第です。昨年揃えた冬物ウェアもまだ全然傷んでいませんが、ロングタイツやジャケットは持ってないので、そこらあたりの補充を考えています。




私個人としては競技指向が強く、Tinkoffのレプリカバージョンが好きでしたが、サガンがTinkoffからBORAに移ってからは非常に地味になってしまいました。メーカーもSPORTFULからCRAFTになり、サイズ感も分からなくなりました。しかもCRAFTは日本ではアンダーウェアのイメージが強いです。BORAはプロコンチネンタル時代のウェアの方がカッコ良かったと思いませんか?
お気に入りのSPORTFULはTREKとバーレーンメリダの2チームに配給する事となり、それはそれで大躍進なのですが、スペシャライズドにTREKやメリダのチームウェアはあまりにも不釣り合いと言えます。スペシャライズドはBORA以外ではクイックステップに供給しています。
ツールで5勝したキッテルが有名なチームです。自転車メーカーで選べばクイックステップのウェア一択となります。
でもサガンのアルカンシエルカラーのバイクには??ですね。Tinkoffの旧ウェアは人気なので、ほとんど在庫がありません。
チームレプリカはあきらめるしかないのかもしれませんが、それ以外であまり魅力的な商品がないので困っています。
ラファは渋くてかっこいい。今年からチームSKYへの供給をやめたので、ピナレロ以外でも大丈夫です(笑)
しかし高いのが玉にキズ。
やっぱり、プロレプリカでチームは違えど妥協してクイックステップのトレーニングジャケットのこれなんかカッコいいと思うんですが…。

これにシマノのウインドウブレークビブタイツを合わせて。

真っ黒でいかにもトレーニングウェアといったストイックさが渋いのではと思っています?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です