乗っCIAO! 神戸・渦森台ショートヒルクライム

Pocket

奥丹波そば街道ライドの翌週は雨の予報だったため、ライドはあきらめかけてたのに、晴れたので急遽ソロライドを敢行!近場で登れるところというと、神戸市東灘区の渦森台あたりがちょうどいい!白鶴美術館までは山手幹線を使うので平坦路の高速巡行も楽しめる。




STRAVAセグメント上では白鶴美術館がスタート地点となります。ゴール地点まで2.93km、平均斜度7%、最大斜度は14.5%。特に後半に向けて斜度が上がるので、ペース配分を間違えるとえらいことになる。3年前からかれこれ8回ほど登っていて、きついというイメージしかなかったけど、今回はあれ?こんなもん?みたいな感じで登れてしまった。もちろんゴール直後はさすがに息が苦しく動けなかったが、すぐに回復。冬からのローラー練で明らかにポテンシャルがあがっていると感じる。タイムも30秒以上短縮してのベストタイムだった。(しかも重いターマックコンプで)

スタート地点の白鶴美術館前
ゴールの渦森台バス停付近から望む神戸
最近の相棒 ターマック+レーゼロのコンペティションコンビ

しかし問題はダウンヒルだ。-10%を超えるような長い急坂をノーブレーキで下るのが苦手になっている。バイクや車のようにコーナー直前でガツンと減速して、ブレーキを残しつつコーナリングというイメージで下るとブレーキが効かず怖い目にあう。先日勝尾寺に行った時、はやい人は下ハンをもって下っている。下ハンの方がブレーキが強くかけれるのだ。だけど、シート高を思い切り上げた私のポジションで、下ハンを持って下ると頭から突っ込みそうでめちゃ怖い。プロのように直線ではトップチューブに乗って、コーナー直前でコーナリング姿勢を作ってぎゅーんと曲がってみたいもんだ。チューブレスは空気圧が下げれてグリップもいいらしいから一度試してみるかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です