乗っCIAO!暇つぶしメンテ(やらなきゃよかった)

Pocket

兵庫県下は緊急事態宣言継続中なので、ライドも自粛し(こけたらヤバい)ZWIFT三昧な日々を過ごしています。このまま外で走らず、夏の堺浜クリテに突入しそうです。今日は休養日なので簡単なメンテでもと思い立ってSTIレバーのリーチ調整と、TIME XPRESSOペダルのテンション調整を行う事にしたんですが・・・




狭小住宅の利を生かしたローラー台練習スペース(左右幅がちょうどいい)

まずはSTIレバーのリーチ調整。ぼくは手が小さいので下ハン持つとレバーにようやく指がかかるくらいで、下り坂のブレーキングには結構気を遣うんです。なのでリーチ幅を改善すべく、レバー自体の位置を前にずらそうかとかんがえていましたが、なんとボルト一つ回すだけでリーチ調整できるらしいのです。STIレバーのカバーをぺろんとめくって出てきたボルトを締めると簡単に調整といくはずだったんですが・・・。なんとこのボルト、プラッチック製のようでサイズの合わないドライバーで回すと簡単に頭をなめてしまう。90度ほどしめこんだら案の定なめてしまった。しかもそんなにレバーも動いていない。やらなきゃよかった(本日いっぱつめ)

ここが広がる予定
このネジを締めこむ
これ以上は危険
全く動いていない?やらなきゃよかった(本日いっぱつめ)

気を取り直して次は、よくはずれる(特に下り坂で)TIMEのペダルのテンションを最強にする作業にかかります。

このネジをまわします
板バネのテンションが最大になるようにボルトの角を当てていきます

結果は動画でご覧ください

おまけ動画(TIME XPRESSO15のセラミックスピードベアリングを試す)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です