乗っCIAO! 亀岡市・香らん珈ろんライド

Pocket

今週末は、るり渓の近くにある、亀岡市の「香らん珈ろん」さんへカフェライドしました。いつもより少しだけ距離が長いのですが、今回のライドリーダーのMくんによると、走行距離100キロ、獲得標高1500mとのこと。
曰く、「目的地付近はけっこう登りますよ!」

〈スポンサーリンク〉




とか言いながら、173号線から一の鳥居を477に入ってヒルクライムTT開始です。
長丁場で脚を残したいMくんを残して野間の大ケヤキまでStravaセグメントをひた走ると、それまでの記録を3分も更新してゴール!
最後はちょっとたれたけどターマックコンプは良く走ってくれました。
今まで硬いと思っていたコンプだったけど、今日は柔らかく撓ってくれたような気がしました。パワーがついたのかも?
1500gあるレーゼロコンペも良く回ってくれました。

ところが野間の大ケヤキで一服中にMくんから衝撃の言葉が!
「あれ?ここから香らん珈ろんまで後90kmもありますよ?」
「え?うそやろ?全行程100キロやったんちゃうん?
もうそんなに脚残って無いで!」って色々調べていったらあと20キロちょっとだった。Mくんがちょいちょい入れてくるガセ情報が一番精神的にダメージを与えてくれますわ。
その後も「あと5キロです」という言葉を信じてダラダラと続く坂を黙々と登ってやっと5キロ過ぎても目的地は影も形もない。「おい、まだ?もう5キロ過ぎたで?」て聞くと、
「分かりません!」「え!?」もうこれ以上Mくんのガセ口撃を浴びせられたら持たないので、ヤケクソでアタック!もう限界という頃、気づいたら香らん珈らんに着いてました!

香らん珈ろんにはサイクルラック有りません。代わりにロープが張っててそこに括り付ける方式です。店内は意外に空いていてすぐに座れたけど、ストーブが焚いてあってむちゃくちゃ暑い(汗。結構な山の上なんで、普通の人には寒いのだろう。
汗だくオヤジは店の女の子からちょっと嫌われたかも。その後の接客がAI的になってたね?
料理の方はボリュームがあってしかもリーズナブル。
メニューも多くて目移りしそうだった。
食後のコーヒーを飲む頃には、汗も引いて少し寒いくらいになってきてて、会計を終えて外に出ると震えるくらいになってた。「ここからしばらく下りが続くので寒さで死にますよ」ていうMくんの言葉はこんな時に限って当たってた。下りきると今度は激しい向かい風に苦しみながらも30キロキープを目指して踏み倒します。最後もやっぱり道を間違えて交通量とトンネルの多い173ルートを走ってしまいましたけどなんとかゴール。走行距離72キロ、獲得標高985mだった。100キロ1500mじゃなかったのね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です