乗っCIAO! CYCLE MODE RIDE OSAKA 2018

Pocket

今年も行ってきました、万博記念公園・CYCLE MODE RIDE OSAKA 2018!去年初参加で、何もわからないまま高価なロードに試乗しまくったけど結局やはり何もわからなかった(笑)今年はどうでしょうか?







去年よりは走り込んで、しかも機材はS-WORKSに乗り換えて、少しは走り味がわかってきたように思いますが…。最初に乗ったのはGOKISOです。試乗車はすべてYONEXで、あの山の神・森本氏のネームの入ったバイクまでありました。実際に使用している機材らしいです。サイズが違うので残念ながら森本号には乗れませんでしたが、GOKISO初体験はあまりいい印象ではなかった。ヌルーとした感覚はさすがに滑らかでしたが漕ぎ出しが重く、得意の下りでもあまり効果は分かりませんでした。しかも付いていたのはクライマーハブのS-SPECだったのですが…。しかしそれよりも感動したのはブレーキの効きの良さでした!DURAの9000でしたが、フィーリング、タッチ、効き味ともすごく良かった。カーボンリムなのにアルミリムをしのぐ効き味には感動すら覚えました。DURAが良いのか、リムなのかは不明でしたが、恐らくDURAのブレーキが秀逸だったと思います。これは是非取り入れたい!

次は去年に引き続きCANYONを試乗。ディスクブレーキの再確認です。

アルティメットのCF SLは漕ぎ出しが軽くて良く進む印象でしたが、全体的に硬くてウィップ感が少なくてリズムに乗りにくい。登りになると更に顕著でした。しかし完成車重量7.5kgはこの値段ではかなり頑張っていると思います。

次はいよいよS-WORKS ターマックのウルトラライトです。現在乗っているSL5同様54サイズを指定して乗り比べです。
しかしその差は思っていた以上に大きかった!漕ぎ始めからすぐに違いが分かるほど良く進みます。まるで電動バイクのようでした。
その印象は登りでも変わらず軽々と登っていきます。適度にしなるのでリズムも取り易くて楽しく感じます。カーボンの積層が増えて剛性は増しているのに、かなりの軽量化が図られており、その進化のほどは凄まじい!優秀過ぎて面白くないというのが精いっぱいの負け惜しみでしょうか?

次回は電動バイク編です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です