乗っCIAO! 2020ロードバイク試乗会in京都向日町競輪場へ!

Pocket

今日は京都向日町競輪場で開催された、京都サイクルクラブ主催のロードバイク試乗会へ行ってきました。各メーカーのトップグレードがそろい踏みで、それらをプロが使う競輪場のバンクで試せるというドリーミーなイベントでした!




昭和レトロ感満載の向日町競輪場!

ロードバイク試乗会というと3月に万博公園で開催されるサイクルモードが有名で過去3年参加していますが、今回の試乗会は規模こそ劣るものの、内容は完全にサイクルモード大阪を凌駕していました!。まず、各メーカートップグレードを惜しみなく投入。発表後半年以上経過しているとはいえ、現行機種には変わりはありません。またサイクルモードではほとんどフラットペダルだったのが、こちらはSPD、LOOK、SPEEDPLAY等ほぼすべてのペダルが用意され、参加者もシューズ持参が多く、本気度が違いましたね。

さて、開門と同時に入場していきなりピナレロのDOGMA F12に乗ることができました。去年のサイクルモードでは予約なしでは乗せてくれなかったF12にやっと乗れました!しかし印象は・・・?固くて重い?フロントが重くてリズムよく振れないし。ホイールがフルクラムのアルミモデルというのが少し残念でした。続いて、これまた前回のサイクルモードではもはや参加すらしていなかったスペシャライズドの超人気モデルVENGEに試乗。とにかく異常なほどの人気でした。乗り出してすぐ、これは反則やなって笑っちゃうほど良く進みます。とにかく軽い。64mmハイトのディープディスクホイールを履いているとは思えない。我がターマックウルトラライトと比べても遜色なしの軽さです(走り味は似てた)。走りこんでいくと、ホイールの回転の良さが際立っているように感じました。Di2の変速も早くて正確なので切れの良い走りが出来ました。これに乗ってしまうともう他のには乗れないのではと思うほどの出来でした。

ホイールもグレード合わせとけよ(笑)
超人気VENGE

さて続いては去年のサイクルモードで最も印象の良かったサーヴェロS5ディスク。VENGEの後でもその良さが感じられるのか?と思ったら約1年振りのS5はVENGEに勝るとも劣らないほどの好印象でちょっとビックリ!VENGEの後では苦しいかなと思っていたけど、全然イイ!むしろ平坦路ではこちらの方が速いのではと思わせるほどでした。軽さとホイールの回転性はVENGEですが、クランク回り(BB廻り)のスムーズさはS5の方が上かも。ずっと漕いでいたいほど気持ちのイイ回転性能でした。VENGEはシマノクランクだったので本来のBB30のS-WORKSクランクだったらセラミックスピードのベアリングが生きたのかもしれません。

サーヴェロもS5が人気だったな

最後は、M君の大本命FOCUSのIZALCO MAX DISKの9です。こちらも人気のエアロモデルで去年のサイクルモードでは8だったのでよりハイグレードの9に期待して試乗開始。乗り出してすぐはやはり良く進む印象で、VENGEやS5と同等かと思われましたが、スピードの維持が難しいというか、失速感がやや出てくる傾向が惜しいところだった。8と9の差はあまり感じなかったな。

他にもBMCやキャノンデールなど注目モデルも多かったけど、雪がちらつく寒さの中で心が折れてしまい、試乗はこれでおしまい。最後に初のバンク走行は斜め上に登る感覚で漕ぐとバンクの上の方に留まれることが分かりました。(真っすぐ進もうとすると意図せずとも下に降りてしまうので危険)

場内の竹村亭でおすすめの豚骨ラーメン(麺が品切れで急遽市販の麺で作ってもらいました)

さて最後に、今回はバンク走行だったので平坦路よりスピードは出やすかったかも知れないので、実際は少し差し引いてみることが必要があると思いますが、やはり人気通りVENGEとS5は別格でした。特にVENGEはオールラウンダーとしても最高部類の出来だと思います。私のターマックにもROVAL入れたら化けるかもしれないな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です