乗っCIAO! 西宮山口町グルメライド

Pocket

今回は、五軒茶屋チャレンジ第二弾 表六甲ルートを敢行するつもりでしたが、
エースアシストのM君が体調不良で参加できず、久々参加のエーススプリンターN君とのライドとなりました。
体重が増加気味のN君のリクエストで六甲ルートは中止し、近場をめぐるゆるーいグルメライドに出発です。



宝塚新大橋を出発し176を少し走って。STRAVAセグメントのホウライキョウを登ります。
入口でいきなりチェーン落ちし、1分ほどタイムロス。その間に逃げたN君を捕まえたその先に、
ゆっくりと登るサーベロさんを発見し、そのまま合流。船坂交差点まで一緒に登ることになりました。
ホイールをレーゼロ換えて、重量増となったターマックですが、トルクをかけるとよく進みます。
セラミックBBやカルトハブの効果もあって、登りでも軽々と登って行けました。
但し、サーベロさんを引き離すことはできず、逆にラスト200mでちぎられました。
タイムベストから50秒落ちでしたが、前半のチェーン落ちと最後のゴールフィニッシュ地点をを間違えていて、
たぶん3分以上はロスしたと思うので、幻のベストタイムだったかもしれません?

その後、N君の救出に向かい、船坂交差点のセブンイレブンで小休憩。
ラーメン屋さんオープンまでまだ時間があったので、近くのカフェ、ペニーレーンに立ち寄りました。
ミックスジュースをいただいて、店内のオールドミニを少し見て、いよいよすごい飛魚(あご)だしラーメン
だしと麺(←これが店名みたいです)に向かいます

女性人気ナンバーワンというあっさり味の飛魚(あご)だし熟玉そば大盛をオーダー。
そのお味は、やはり女性や子供さんに合いそうなあっさりした優しいものでした。麺も自家製らしいですが、
柔らかで、スープと渾然一体となるように考えておられます。
全体的には和風寄りの仕上がりなので、中華ラーメンや豚骨ラーメンを想像して行くと裏切られます。

ラーメン後は、山口町定番のカフェ・エスケールに。超人気店で、本日も家族連れやカップルで満席でした。
サイクルジャージの汗臭いおっさんはテラス席に放り込まれましたが、おかげでゆっくり出来ました。
低糖質のロカボバーガーがメニューから消えており、仕方なくスタンダートバーガーを注文。
集合場所まで車で来ていたN君はこの時点で10キロくらいしか走っておらず、カロリー摂取過多で嘆いていました。

最後はレイクシューズを見ようとTREKショップに立ち寄りましたが、残念ながらシューズはあまり置いてなくて
試着出来ませんでした。
今日は51キロ走りましたが、カーボンサドルのアスピデはスぺシャのトゥーペとほぼ同様の固さで、
お尻は今のところ大丈夫そうです。水平基調で体重移動もし易かったですよ。

This time, I planned to go through the “Gokendyaya (this is a teahouse on the top of Rokko mountain)” challenge second stage table Rokko,
Mr. M of Ace Assist was unable to participate due to poor physical condition, and it became a ride with Mr. N of Ace Sprinter participating for a long time.
At the request of Mr. N who is increasing in weight, Rokko route is canceled and departure for a relaxed gourmet ride over the near field.
Leave the Takarazuka Shinbashi and run a little 176. I will climb the holy butterfly of the STRAVA segment.
Chain suddenly fell at the entrance and time lost for about 1 minute. In the meantime I caught Mr. N who ran away,
I found an old man riding Cervelo climbing slowly, join as it is. We decided to climb to the “Funasaka” intersection together.
Although my specialized tarmac which increased the weight by racing zero the wheel, if I apply torque, it will proceed well.
There was also the effect of ceramic BB and cult hub, I could climb lightly even when climbing.
However, we could not separate Mr. Cervero, on the contrary it was cut off at the last 200 m.
Although it fell by 50 seconds from the time best, I mistook the first half of the chain and the last goal finish point,
Maybe I think I lost more than 3 minutes, so maybe it was the best time of vision?

One Reply to “乗っCIAO! 西宮山口町グルメライド”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です