乗っCIAO! 五軒茶屋チャレンジ第一弾・東六甲ルート!

Pocket

昨日、スプロケット交換したばかりですが、早速五軒茶屋チャレンジ第一弾として、甲寿橋~一軒茶屋ルートを登ってきました。
昨晩のブエルタでのコンタドールの激坂独走フィニッシュをライブ映像で見て、感動しました!
これを見て、登りたくならない奴はいないんじゃないか?




1級山岳を2個超えた後の、超級山岳には終盤に最大23%の勾配が待ち構えています。
単独アタックを仕掛けたコンタドールに、チームを超えてトップクラスのクライマーがアシストしてるかのように
集まってきます。歯を食いしばってダンシングするコンタドールを誰もが応援したのではないでしょうか?
完璧なアシスト陣に守られたフルームが、必要のない追走を始めたのも、真の王者は俺だ!と言いたかったのでは?
まあ、そんな超人たちとは正反対の底辺クライマーですが、36Tスプロケを武器に実にゆっくりとしかし着実に登って行けました。
細タイヤの効果はあまり感じませんでした。かえって2.0幅のサーファスの方が転がりが良かったように感じました。
36Tは足を休める為のギヤとして本来は取っておくべきギヤですが、結局半分以上は36T頼りになっていました。
36Tでもケイデンス60台しか回せずスピードは5キロ台に終始しましたが、なんとか一軒茶屋に到着。
五軒茶屋最初の難関をクリアです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です