乗っCIAO! TARMACのポジション変更!

Pocket

自転車店に勤めだして、いろんなロードバイクを見る機会が増えました。
しっかりと走りこんでる人たちのバイクは特に念入りに観察しました。
速くて強いライダーの自転車はたとえアルミの入門車や古いクロモリでもかっこよく見えるものですが、
そんな彼らのバイクと比較して、我がターマックは、ROTOR+レーゼロコンプ+セラミックスピード+
TNIドラゴン50+ヴェロフレックスチューブラータイヤで武装した姿が、なぜがしっくりこない。

dragon50

決定的に違ったのがポジションです。私のターマックは、初心者用にステムが上向きにつけられており(ライズ角7°)
ヘッドチューブアングルが73.5°なので、23.5°も上を向いています。
-17°のステムを付ければ、-0.5°でほぼ水平になりカッコいいと思いますが、
まずは、ステムをひっくり返して-7°とし、9.5°のライズで試すことにしました。
ターマックのステムはヘッドキャップに角度がついていて、スペーサーを外して取り付ける事が出来ないので
スペーサーの量と位置はそのままにしています。
普通のステムに替えれば、スペーサーを外してもっと下げる事ができますが、
とりあえず様子をみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です