乗っCIAO! チェーン落ち対策・チェーンウォッチャー装着!

Pocket

RINGSの楕円リングは、ビッグプーリー用に長めにしたチェーンには合わなかったようです。
ビッグプーリーの特性を生かすためにチェーンを長くしたことにより、チェーンリング上で、またスプロケット上で変速の度にチェーンが暴れます。タイミングが悪ければ、チェーン落ちするという事です。
チェーン長を短くすると、変速の切れも良くなり、チェーン落ちのリスクも減ると思われますが、駆動系の負担が増え、滑らかさがスポイルされます。どちらを取るか?難しいところですが、今回は対処療法的な手法を選びました。




チェーンウォッチャー或いはチェーンキャッチャーで有名なのはK-Edgeですが、チェーンリングがROTORなので、一応チェーンウォッチャーもROTOR製に。

取り付けはフロントディレイラーのボルトに共締めするだけで、微調整はその下のボルトで調整できるというもの。
機構的にはK-Edgeも同じですが。ROTORの方は下側がセパレートになるみたいで、可動域が大きい分、より微調整が効くらしいです。
セッティングはプロに任せました。

取り付け後はインナーに落とした時に暴れる事が無くなり、スパッと変速します。
レッドカラーにホワイトのROTORロゴもカッコいい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です