乗っCIAO! グルメライド・篠山牛トロ丼の大手食堂130KM(真夏のロングライドの落とし穴)

Pocket

今日は兼ねてから気になっていた牛トロ丼の店、篠山市の大手食堂を目指して、M君とグルメライドを敢行しました。
総走行距離100km超の130km。びわいちに次ぐロングライドとなります。

大坂峠をベスト40秒遅れで登り、下り区間で峠入口で抜かれたTREKを追って全力アタックを敢行。
追いつく直前まで攻めましたが、この後の長丁場を考えてペースダウン。M君を待ちます。
交通量が少ない、平坦路を走っていると、右ふくらはぎに違和感が?!
見るとふくらはぎが激しく脈打って痙攣しかかっています。その直後右ふくらはぎに激痛が走りました!
急停車してうずくまりますが、痙攣と痛みは治まらず、どうしていいかわからない状況がしばらく続きました。
この時走行距離48km。まだ目的地まで20km以上。帰りを入れると80kmほど残っています。
リタイヤして引き返すか?判断に迷うところででしたが、なんとかペダルはこげる状態までは復活してきたので
ゆっくりと前に進むことにしました。この後平均勾配5%、1.6kmの峠が控えている事にはこの時点では気づいておらず、
無謀なチャレンジとなりましたが、峠を平均4.8km/hで登り切り、あとは大手食堂までは下り基調です。
先行するM君に追突するアクシデントなども発生し、(暑さと、疲れと、痛みで集中力が低下していました)
想定時間からは大きく遅れましたが、念願の大手食堂に到着です。ローディにも優しい接客でほっとしました。
もちろん牛トロ丼をオーダー。ローストビーフ丼にとろろ(山芋?)をかけただけに見えますが、とろろのおかげで
肉もごはんも混然一体となってするっとお腹に入ってしまいます。
あっという間に完食し、ついでにテーブルにあった漬物とお茶をばくばく、ぐびぐび頂いて、塩分と水分を十分に補給
出来ました。

デザートに向かいの店で黒豆ソフトを食し、しばし休憩。

足の痛みはだいぶ和らいで来ましたが、帰りも結構なヒルクライムを控えていて油断は禁物です。
しょっぱなの登りでかなり削られましたが、大坂峠を回避し、途中つくしの里で休息をとりつつ、十万辻のクライムを終えると
後は下りと平坦路のみです。結局130km、10時間の真夏の大スペクタクルでした。

One Reply to “乗っCIAO! グルメライド・篠山牛トロ丼の大手食堂130KM(真夏のロングライドの落とし穴)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です