乗っCIAO! カーボンチューブラーホイール・DRAGON35装着!

Pocket

レーシングゼロコンペティツィオーネを買ったばかりでしたが、練習会でDRAGON50+VELOFLEXチューブラータイヤを試してから、すっかりDRAGONファンとなってしまいました。
TNIブランドですが、レイノルズの源流となったポール・リュー氏とのコラボで生まれた、高品質のホイールです。
50mmハイトの外観も捨てがたい魅力がありましたが、やはりオールラウンドで使える35mmハイトにしました。

35のほうは、公称値1190gという軽さが何といっても魅力的です。他にも専用ハブや、サピムCX-RAY、ワイドリムなど特徴は多く、
内容を考えると信じられないようなリーズナブル価格?で発売されています。
タイヤは、トライアスロンの有名なコーチのお薦めもあり、VELOFLEXのルーベにしました。
ベージュのサイドウォールがプロっぽいですね。

ブレーキシューは、素性を全く隠す気すらないレイノルズ製が付いてきます。
シューに厚みがあり、リム幅もあるので、ブレーキのクリアランスは要調整です。
付属のクイックはおまけ程度であまり良くないようなので、フルクラムのを使用します。

乗ってすぐに、乗り出しの軽さに気付きます。スピードの乗りが明らかに早くなり、そしてその速度の維持が楽になりました。
チューブラーの乗り心地もよく、今までガツガツとハンドルに振動がきて腕が疲れる路面でも、しなやかにこなしてくれます。
アルミで15万も出すなら、迷うことなくこのホイールをお勧めします!
レーゼロより明らかに速く、しかも足に優しい絶妙なバランス!そしてチューブラーのハイグリップでありながらしなやかな乗り心地は
一度体験してみる価値は十分あります!チューブラータイヤもセメント推奨ながら、リムテープでの接着も可能なので、初心者でも
簡単に貼り付けできます。(20mmのバルブエクステンダーとバルブツール、ねじ部分に貼るエア漏れ防止用のシールテープが必要です)
あと取り付け後のタイヤのセンタリングもしっかりと行ってください。
気になるパンクですが、1センチ程度の小さい穴ならシーラント剤(squirtなど)で対応できます。
そのまま半年以上もってるという実績もあるそうです。
それ以上の穴があいたら、タイヤ交換となりますが、タイヤを外して(固いけど)新しいのをかぶせるだけという意外と
簡単な作業で出来てしまいます。テープはとりあえず要りません。
家に帰ってから、再度しっかりとタイヤを張り替えてください。

普段乗りで使用するにはもったいない気がしますが、もう少しこのまま楽しもうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です